なぜ若者は、政治に興味がなくなったのか?1960年代近くは、学生運動が盛り上がったがその後、衰退!

参議院選挙を終え!  なぜ若者は、政治に興味がなくなったのか?1960年代近くは、学生運動が盛り上がったがその後、衰退!その原因は?  そん原因の一つに部活動があるのでは、1955年には、中学での運動部への実質参加率は、20%台、以後、強制的に全員参加の傾向になるのと並行し若者の「政治への興味は、無くなる」  無くなりと言うより部…
コメント:0

続きを読むread more

国交省は、民間技術者を市町村へ派遣!Good!「品質証明員」や「土木工事品質確認技術者」送べスト!

国交省は、民間技術者を市町村へ派遣は、とても良い事と思うが!国交省の認定している経験豊かな市町村職員にかわり検査業務を行う事も出来る民間の!「品質証明員」や「土木工事品質確認技術者」を送った方がもっと喜ばれる。 もったいない!   
コメント:0

続きを読むread more

土木工事品質確認技術者(国交省中部地整)を民間の検査に活用すべき!杭うち不正事件や手抜き工事防止

土木工事品質確認技術者(国交省中部地整)は、国土交通省の第三者による品質証明制度の品質証明員と資格を併用するとあるが姉歯から杭偽装、災害により明らかにされてきている不祥事に「土木工事品質確認技術者(国交省中部地整)・品質証明員」が何故活用できないか不思議でしょうがない。  現行は、国交省発注の工事に第三者が施工計画から段階の検査を…
コメント:0

続きを読むread more

浜松・遠州灘の防潮堤整備、30万m3土砂不足! その内になんでえもありになりそう!

 良質な再生土を差し当たって15万m3無償提供する予定があったそうが当時の浜松土木事務所長の酷い勢いで担当者に使うなと言ったそうだ。  「見ていたものは、あの勢いでは、使えないよな!」また、同席の議員は「なんかほかにあるのかなぁ?」と疑うほどだったそうだ。  今になって30万m3不足!! その内に「コンガラ、アスガラ、ガレキ何でもア…
コメント:0

続きを読むread more

「怖い地滑り、崖崩れの住宅地のチェックポイント!」 名大減災連携研究センター中野正樹教授

中日新聞に「怖い地滑り、崖崩れの住宅地のチェックポイント!」名大減災連携研究センター中野正樹教授の記事が載っていました。漫画が分かりやすいので一度みなさんチェックして見て下さい。      中日新聞  もう一つ、施工技術上の点から間知ブロック積みであれば、布積みは、非常に危険です。これも注意して見て下さい。
コメント:0

続きを読むread more

浜松商工会議所での傷害事件(刑事事件) 再発防止がとれない役所体質! 犯罪、汚点を防止するには?

 課題は、再発防止 その刑事傷害事件(H25検111505)は、平成24年12月21日に浜松商工会議所青年部の懇親会で起きた。商工会議所の会員が突然、全く関係のない会員に襲いかかり全治3年以上の重傷を負わせた。この、狂気に走った飯〇昭△は、逮捕され懲役2年執行猶予3年の刑が確定した。 この事実は、周知の所であるが大きな課題が残った。 …
コメント:2

続きを読むread more

公民館がなくなり協働センターかわり地域のコミュニティーが衰退!!教育の三本柱 の地域教育がなくなる!

公民館がなくなり協働センターにかわり、公共施設が営利団体も使用できるようになった。これにより地域のコミュニティーが衰退!!   ******* 営利を目的とする利用について 1 営利目的として、1,001円以上の入場料(これに類するものを含み、資料代その他の実費を除く。)を徴収する場合や、商品の展示、宣伝または販売その他の営業活動…
コメント:1

続きを読むread more

責任が不明確なのでここでも責任をとらない! 浜松市のスーパー防犯灯! 設計したコンサル?行政担当?

静岡新聞NEWS 一般的には、こんな7年で部品が無くなる製品を採用したのは、誰だ! 数千万円の税金をどぶに捨てて!設計コンサル会社も無能である。広島、横浜での多くの死者をだした崖災害!設計をしたのは、コンサルや建築設計事務所!申請を受理したのは、行政、施工は、業者!!誰が責任とってくれる…
コメント:1

続きを読むread more

再生エネルギー買い取り制度破たん!「これでは、国民、市民を騙したも同じ!」

1kwhを8円~10円で発電所で作り約26円で販売し推定16円の利益を上げていた電力会社が太陽光発電を以前は.42円、今は、32円で買い取って約▲30円の赤字負担をだれがするのか??これは、浜松市地球温暖化推進センターの元センター長が常々言っていたことです。         発電生産価格(静大松田先生)         …
コメント:1

続きを読むread more

ロータリー交差点・ラウンドアバウト  日本でやっと本格的採用!評価できる!!

ロータリー交差点・ラウンドアバウト  日本でやっと本格的採用!10年以上前から講演やWebで提唱してきたが遅い感はあるが評価できる。  太陽光LED街路灯・防災灯・スーパー防犯灯や広島の土砂災害も同じ速やかに対策を推進してほしい。 崖・砂防対策と共に造成、開発許可を審査する行政の人材を育成し現場経験を積まねば、更に災害は、続き、多く…
コメント:0

続きを読むread more

浜松市の副市長を土木専門! ただし、県から? 生え抜きでない? 

浜松市の技術職の副市長が不在であったことが橋の転落事故や収賄などの不祥事の対応、指示が的確にできなかったことは、明白ですが静岡県から連れてくるのは、賛成できない。事故や不祥事などの乱れも事前に予測しましたがこの事も覚えておいてください。 バルチック艦隊を破った東郷平八郎やミッドウェーで10倍の日本連合艦隊を撃滅したレイモンド大将も生え抜…
コメント:1

続きを読むread more

防潮堤 大きな山を崩した土でつくる防潮堤、自然を破壊! 神仏、自然を甘く見ている。

天をおそれぬ神仏、自然を甘く見ている人間が怖わい!生物が生存している大きな山を崩した土でつくる防潮堤、自然を破壊して人間の為につくる防潮堤!怖い! 少しだけで良いからリサイクルとか!効果のあるコンパクトにするとか!謙虚な姿勢をみせてほしい。  マンモス防潮堤が攻めてきた!
コメント:0

続きを読むread more

高慢な外務省 後進国アフリカ、南アジアのネパールの人達には、ビザが発給されない。

問題は、人物的にしっかりした人にも査証(ビザ)が発給されない事にある。おそらく高度成長期の日本の高慢な考え方が今だ改善されないのだろう。当然、不法滞在目的とか?テロなど悪質な人物の入国は、厳しくしなくては、ならないのは、当然だが安全な人物までビザが発給されない事態が続いている。   これでは、我が国の民間レベルの理解を得ることは出来ず…
コメント:2

続きを読むread more

公共工事の天下の悪法 1.ランク制(仲間保護) 2.一般競争入札と最低制限価格 3.同札くじ引き

公共工事の発注形態は、まさにバブル期の天下の悪法の塊と言われた。確かにその通りで「ランク制なるものが残っていて」 いくら技術力があって新工法をもっていても入札に参加できない。まして、震災地では、地元企業が打撃を受けランクが下がれば、参入できない。そこえ「一般競争入札」で地域外の業者が入れば、勝てるわけがない。更に「最低制限価格」などと奇…
コメント:0

続きを読むread more

「地球温暖化や寒冷化の問題」を取り組むセクションは、環境省では、ないのでは!!

何が真実か!私たちは、自分で判断できないほど愚かではない!「CO2削減」「「地球温暖化や寒冷化の問題」などは、大気汚染や水質汚染に取り組んでいる「環境省」のセクションでは、ないのでは?     *********  以下、武田邦彦中部大学教授の見解です。 環境省が15年の長きにわたって「北極や南極の氷が溶けて海水面が上がる」と…
コメント:0

続きを読むread more

我が国には、エネルギー省が必要!地球温暖化防止といって血税をNPOなどにバラマイていても解決しない。

地球温暖化防止活動推進について社会人講座での授業で、地球温暖化防止・CO2削減は、日本もエネルギー省が取り組む仕事でないかと思い始めた。環境省が家庭、企業の省エネを叫んでも一向に進展せず。書類作りの税金の浪費につながっている。国民の血税が使われるだけである。そのお金をエネルギー省にまわし、新エネルギーや原発などの廃棄物処理に使い成果を出…
コメント:0

続きを読むread more

公共工事の掛け持ち条件つきでOK! ネットで訴えるのが一番!次は、入札制度をリセット!

雇用対策、景気対策、震災復興を促進する為アベノミクスで公共工事予算を増やすことを決定したが発注者側、業者側の技術者不足が足を引っ張り妨害すると以前、述べたが今回、5km以内ならOKという条件で「掛け持ち」が認められた。5kmなどとわけの分らない条件だが??田舎であれば、見える距離??「望遠鏡が要るかな」  さて、もうひとつは、規制だら…
コメント:0

続きを読むread more